究極のストレッチ×究極の筋トレ=【脱力筋トレ】

こんにちは、横手さだひさ です。皆さまからのご指名に支えられ、パーソナルトレーナーを続けることができた15年。この経験と実績を基に作り上げたトレーニング法が【脱力筋トレ】です。

おかげさまで、各ジャンルのプロフェッショナルから同業のトレーナー、また年配の方まで、性別や年齢を問わず広くスタジオにお越しいただいています。この独自のトレーニング法は、どのような経緯で生まれ、どのような理論のトレーニングを行うのか、ここで順を追って解説いたします。

トップアスリートはなぜ、あのような体型をしていると思いますか。


それは、それぞれが身を置いた環境で、最大限のパフォーマンスを発揮するため、日々研鑽とトレーニングを続けているからです。決して、誰よりもスマートな体型を目指したからではありません。結果として、必要なものとして、美しいシルエットが備わっているだけなのです。

野生の動物はトレーニングをしているわけではない。



様々な環境に生息している動物たち、それらは生き延びるために動ける体を追求し、骨格のバランスが研ぎ澄まされた結果、そのシルエットに美しいカーブや凹凸が現れています。追い、追われ、時には休む。生き残り続けることこそがトレーニングとなっているのです。

では、どのようなトレーニングが体を強く、そして美しくするのか。


美しさを追求した体つき、を目指したトレーニングも、心身に負担がかからない範囲であれば、良いと思います。ですが機能と頑強さを兼ね備えた、”結果としての美しさ”を求めるのであれば、選択すべきトレーニング法は限られてしまいます。

15年の実績を元に作り上げた【脱力筋トレ】では、筋肉よりも筋肉と骨を繋ぐ”腱”を働かせ、動ける体を追求すべく無駄な力を抜き、硬さや強張りを削ぎ落とします。これにより、機能ありきの”筋トレ”そのものを身につけることが可能となります。

【脱力筋トレ】で手に入る3つの要素

解剖学に基づいたトレーニング法になりますので、ここではやや専門的な話をいたします。ご不要な方は飛ばしてください。

・全身骨格のくびれ

筋肉は、顕微鏡レベルでの筋繊維や、筋原繊維といった繊維が集まった組織です。

そして、この繊維には走行(向き)があります。走行に沿って、フィラメントという組織が滑り合うことで、骨をスムーズに動かしています。

ですので走行に対して筋肉を動かすことができれば、骨もスムーズに動き、その積み重ねによって、”骨の流れに沿った無駄のない筋肉”を作る ことができるのです。

無駄のある筋肉と、無駄のない筋肉を分ける一つの要素として、骨と筋繊維が作る『羽状角』という角度があります。この『羽状角』は、状況によって大小必要な角度があるのですが、基本的には小さい方が望ましいです。

「太ももが太いと感じる」「お尻が大きいのが気になる」「筋肉が付きやすいと感じる」こういった場合は、羽状角が大きいことが多く、避けたい状態と言えます。

反対に「太ももがお尻から膝に掛けてだんだんと細くなっている」「ウエストがゴツゴツせずしなやかな砂時計型をしている」「背骨に流れるように深いS字カーブがある」といった形状は、羽状角が小さく望ましい状態です。

【脱力筋トレ】のエクササイズは、”腱”に刺激を与えることで、無駄な『羽状角』のない、自然にくびれた体を獲得できるように設計されています。完全に力みを捨て、円滑に動き続けながらトレーニングすることで、筋肉の厚みで骨格にくびれを作るのではなく、骨に沿った筋肉の走行の流れで骨格にくびれを作ります。

・力みのない体

筋肉には、バネの要素があります。アスリートや野性の動物にとっては、このバネの要素をいかに効率良く働かせるかが重要で、高いパフォーマンスの発揮や、狩猟・逃走のためのテーマ、といっても良いほどです。

筋肉のバネには、物理的なバネとしての作用と、『筋紡錘』という体のセンサーによる、『伸張反射』という神経系の作用があります。

物理的なバネの強化は、日常的に筋肉の伸縮を高めることで可能になります。

ですが、神経系による『伸張反射』は、動作の中での脱力のタイミングや、使うべき組織、力の方向性などの”技術”を磨くことがやるべきことになります。

【脱力筋トレ】のエクササイズは、これらを全て網羅します。バネの弾力が利いていて、普段から余分な力を入れる必要のない動作習慣を手に入れることで、痛みや不調を軽減し、スムーズに動き続ける体へと体質を変えていきます。

・小脳で鍛えた”一生もの”の動作技術

体を使って覚えたものは、小脳が関わるため、忘れにくいという側面があります。

皆さんも経験があるはずですが、自転車に乗れるようになる、泳げるようになる、逆上がりができる、などがその代表例です。こういった技術は、年月が経ってもその感覚を忘れていないはずです。

【脱力筋トレ】では、まずは無駄な力を抜くことを覚え、そして弾力的に動き続け、筋繊維の滑りを良くする動きを行ないます。この流れを繰り返すことで、次第に動作技術が身につき、そして小脳の働きで一生ものの技術となっていきます。


体で覚えた技術は、様々な競技や日常の動きなどにも反映されていきます。正しい筋肉の連動でパフォーマンスが向上する、無駄な負荷がなくなり痛みが改善する、細々とした筋肉を鍛えることでプロポーションが良くなる。こういった効果を高めるためにも、より深く技術を磨いていくことが可能となっています。

泳げるようになった人が、さらに上手になっていくように、【脱力筋トレ】は生涯をかけて上達できるトレーニングとなっています。

まずはお気軽にご体験ください

週に何度も少しずつトレーニングを行いたい方は、1回30分で終わるグループレッスンがオススメです。

体の不調がある、目標に向けたトレーニングが必要、などの方はフルオーダーのパーソナルトレーニングにお越しください。

またYouTubeでレッスン動画も公開しています。

※グループレッスンは初回無料、パーソナルはヒアリングから始まる体験コースがありますので、ぜひご活用ください。

・グループレッスン

オンライングループレッスンは、火・木・土曜に開催。平日は昼と夜の2回になります。初回は無料になりますので、まずは気軽にお試しください。詳細はこちらからどうぞ
※月末の金曜日(月に1回)には、無料レッスンも開催しています。

また企業さまの福利厚生として、地方への出張、ご家族でのオンラインなども行っています。こちらよりお問い合わせください

※中目黒 会場での開催は、現在、見合わせております。再会の見通しが立ちましたら、SNS等でお知らせいたします。

・パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングは、原則、東京・中目黒の専用スタジオで行っています。詳細はこちらからどうぞ

※スタジオで実施している感染症対策はこちらになります

パーソナルは2人で受けられるペアトレ、プロフェッショナルのための集中コースなどもあります。

・動画でレッスン

YouTubeでは、「くびれる3分【脱力筋トレ】シリーズ」などの動画を公開しています。たった3分ですが、【脱力筋トレ】でしっかりと体をチューニングすることが可能です。不定期ですが更新していますので、よろしければこちらもご活用ください。

タイトルとURLをコピーしました